読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

孤独なカラスのラノベ備忘録

勝手気ままにラノベの感想を書き連ねるだけのブログです。

二度めの夏、二度と会えない君

 

二度めの夏、二度と会えない君 (ガガガ文庫)

二度めの夏、二度と会えない君 (ガガガ文庫)

 

 涙腺崩壊ラノベ。こういうの弱い人(例:俺)はハンカチ必須です。

こんな青春送りたかったわ!ちくしょう!

いやこれを書いてる時点でまだ高校2年だけども。軽音部だけども。

手遅れでした。

不治の病にかかった少女への最期の言葉だったのに、その一言で少女を傷つけてしまい、それから抜け殻のように無気力な日々を過ごしていた主人公智。

それがある日突然タイムリープ!目の前には死んでしまったはずの彼女が!

いやこんな軽いノリではなかった。

もう一度やり直せる、失敗もなかったことにできると、智は一生懸命に二度めの夏を駆け抜けます。

時に失敗し。

思いを寄せる彼女とすれ違い。

一度めの世界と違う展開に困惑し。

また失敗して空回りしてくじけそうになって、それでも。

あの時、最期に笑顔にさせてやれなかった彼女を、今度こそ笑顔で送り出してやるために。

決してハッピーエンドではありません。

一度めも二度めもかわらずバッドエンドに突き進みます。

でも、最期が笑顔ならそれでいいじゃないか。

そんな感じです。

前半の喪失感、中盤のもどかしさ、後半の輝くような青春。

本当に素晴らしい作品でした。

同作者様の作品にとんでもないもの(失礼)があるようですが、とにかくこちらはまっとうな青春小説でした(やはり失礼)!

ちなみに僕は開始30ページくらいでもう駄目でした。うるうる。