読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

孤独なカラスのラノベ備忘録

勝手気ままにラノベの感想を書き連ねるだけのブログです。

異世界迷宮の最深部を目指そう 6

 

異世界迷宮の最深部を目指そう 6 (オーバーラップ文庫)

異世界迷宮の最深部を目指そう 6 (オーバーラップ文庫)

 

~あらすじ~ 

――『武闘大会』編、決着!

パリンクロンにつけられた腕輪を破壊し、記憶を取り戻したカナミ。
全ての決着をつけるため、『ある人物』に狙いを悟られないよう、カナミはラスティアラたちと共に行動を開始する。
スノウを説得し、マリアを虚偽の記憶から解放する――全ては孤独な親友であるローウェンを救うため。
一方、未練を果たせると武闘大会に臨んでいたローウェンは、『最強』の『英雄』としての在り方に疑問を抱いていて……?
「さあ――『第三十の試練』を始めよう」
夢のような日々が結実した今ここに、一ノ月連合国総合騎士団種舞踏会は終幕する。

 

──親愛なる貴方へ。
 
最後まで読みきってから表紙を眺めていると、自然と涙が……。
家の教えに従い剣を極め続けたローウェンという1人の男の生き様は、何よりも美しかったです。来る日も来る日も剣を振り続け、そして孤独になった彼の前に現れた親友たち。親友と剣を交え、そしてついに、少しばかりの『栄光』を手に入れた彼は、なんの『未練』もなく笑っている……それこそ、語り継がれるような英雄譚のようでした。
 
「ああ……、必要だったのは万雷の喝采ではなかった……」
「このささやかな声援一つあれば、それだけで私はよかったんだ……」
 
長い戦いの果てに、ようやく答えを見つけた彼の姿には涙せずにはいられませんでした。頑張って練習した剣を見てほしかった。ちょっとだけでいいから、褒めてほしかった。そういう思いが、あの大きな舞台で叶えられていく。男の生き様、かくあるべし……。
 
ヒロインではやはりスノウが印象的。4巻、5巻、6巻と性格がグングン変わるというだけでも面白いのに、6巻のスノウはもうなんか、自然と笑顔になってしまうような子に落ち着きました。ちょっと腰が低いのが面白い。めっちゃ強いのにやたらと弱気なのがかわいい。竜化がつよかわいい。うーん、いい。
待ちに待ったディア・ラスティアラの合流もあり、ついに集結してしまった精神不安定爆弾娘たちを、カナミがどう対処していくのか楽しみすぎます。
3巻での事件を経て、大きく変化したカナミ。なろう系主人公の香りは確かにあるんですが(能力だけ見ればめっちゃ強い)、いつも何かに邪魔をされてその強さをフルに発揮できないというのが、この作品らしいですよね。幾たびもの困難に見舞われ、前回は失敗したカナミでしたが、今回こそは大成功と言ってもいいのではないでしょうか。作者さんも言っていましたが、きっとここまでの物語はこのお話を書くためにあったのではないかと思います。今回は特に、単純な強さだけでなく、その心にも目に見えて変化が現れていました。そしてカナミ以外にも変化は現れています。取り巻く環境は以前とは別物になりました。信頼できる心強い仲間を手に入れ、七人という大所帯になったカナミパーティの今後が楽しみです。賑やかそう。