読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

孤独なカラスのラノベ備忘録

勝手気ままにラノベの感想を書き連ねるだけのブログです。

エイルン・ラストコード ~架空世界より戦場へ~ 2

MF文庫J

 

エイルン・ラストコード ?架空世界より戦場へ? 2 (MF文庫J)

エイルン・ラストコード ?架空世界より戦場へ? 2 (MF文庫J)

 

 ~あらすじ~

ロボットアニメの世界から西暦2070年の世界へと召喚されたエイルン=バザッド。虚構の存在である自分の存在を認めてくれたセレンと、この世界を救うため立ち上がるエイルンだが、騎兵部の部員は独断専行、心に爆弾を抱えた生徒が多数と、人類反抗の先鋒たる氷室義塾の崩壊寸前な状況が判明する。何よりセレンにまつわる悲しい過去『機兵部初代部長・神無木緑の喪失』が呪縛のように多くの生徒を苦しめていた。「一ノ瀬……誰かが誰かに成り替わるなんて、出来はしないんだ」だが、エイルンの言葉と行動が、多くの人の心を動かしていき――!? 爆発する爽快感! とにかく熱くて、火傷する、新世代ロボットライトノベル第二弾!

 

 

激熱ロボアクション作品、待望の第二弾!

衰えません、この『熱さ』。

前回は主人公とヒロインメインで進行していた分、今回は他の氷室義塾メンバーにスポットライトが。

いいですよね『ギロチンタッグ』!!とある過去を引きずり、疎遠になっていた二人がエイルンの姿を見て決起......再び最強タッグを組む、再び火をつける!

ただ、今回のメインはギロチンタッグだけじゃないんです。

機兵部の不良三人組、こいつらがまたかっこいい!

エイルンをオタクだとバカにしていた彼らが心を入れ替えていき、最後は戦場で背中を預ける最高の味方になるという成長の物語でもあるんです。

まさかエイルン・ラストコードで『教官もの』の良さを味わうことになるとは思いませんでした......。

こう見ると、なんというか展開がずるいんですよね......「そこでこの展開は卑怯だー!」というのをガンガンぶち込んでくるので、もう全編を通して燃えっぱなし、みたいな。

ジークンドーの構えをするエルフィーナだとか、コスプレして勘違いする紫貴さんだとか、通い妻ヒロインだとか、不良三人組による独立遊撃部隊だとか、その不良が実は妹思いのイイ奴だとか、「お願いだから......死なないで」だとか、ピンチに駆けつけるかつての戦友だとか、主人公のクサい言動は全部"アニメキャラだから"で説明しちゃうところとか、まあそんなこと言ったらエルフィーナなんて"ずるさ"の塊みたいなやつなんですが......僕はそういう趣味全開なところ、大好きなんですよね......!いいぞもっとやれ!と思いながら読んでいます。

二巻のテーマは『支え合う強さ』といった感じでしょうか。周りを固めるキャラクターが濃く描かれていて、魅力もずいぶん増してきたのではないかと思います。

一巻が"個"を見せる展開だとすれば、二巻は"群"を見せる展開。支えがあるからこそ主役は活躍するんだということを認識させられました。

確かに派手さではエルフィーナに劣ってしまうかもしれませんが、生徒会や機兵部の絆や信頼はそれにも勝る熱さがあります。

次回は再び奴らが暴れてくれるということでそちらにも期待しつつ、首を長くして待機あるのみ!次回も楽しみです!

 

おまけ

もうTwitterやら読書メーターやらでは言ったのですが、ここでも自慢させてください。

実はエイルン二巻の帯(おそらく初版のみですが)には僕のコメントが載っているんです。めっちゃテンション上がってるのが僕です。このコメントを見て少しでも興味を持ってくれた方がいればいいな、と思っています。

以上、おまけでした!