読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

孤独なカラスのラノベ備忘録

勝手気ままにラノベの感想を書き連ねるだけのブログです。

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア4

GA文庫

 

~あらすじ~

 「聞いても、いい?」
「えっ?」
「どうして君は、そんなに早く、強くなっていけるの?」
「……何がなんでも、辿り着きたい場所があるから、だと思います」
「私も……」
──悲願(ねがい)がある。何がなんでも、辿り着かなければならない場所が、遥か先の高みにある。
少女にも、少年にも。

ついに始まる『遠征』。未到達領域59階層への挑戦。少女は『未知』へと挑み、そして少年は──。
『──冒険を、しよう』

これは、もう一つの眷族の物語、
──【剣姫の神聖譚(ソード・オラトリア)】──

 

 

外伝......?

いや、これはもはや、もう一つの『本編』でしょう......。

読者に圧倒的熱量を提供してくれるダンまち、ソード・オラトリアでも健在です。

前編は本編3巻の裏側、後編は『遠征』。

本編3巻.....数ある名シーンの中でも、僕が最も好きなシーンであるミノタウロス戦。ベル君は、窮地に駆けつけた憧憬のアイズ・ヴァレンシュタインの背中を見て「これ以上助けられるわけにはいかない」と奮起するわけですが、外伝4巻はそれと対になる展開でした。

ベル君の遥か"上"に位置する彼ら第一級冒険者は、奮い立ったベル・クラネルの背中に『英雄』の姿を見ます。誰よりも『冒険』をして、英雄譚に登場する主人公のように輝いていた彼に、アイズたちは心を動かされます。

そして未到達領域、59階層にて邂逅する強敵。圧倒的なその強さに心が折れかけるロキ・ファミリアメンバー

そこで団長、『勇者』フィンが放った一言――

 

「ベル・クラネルの真似事は、君たちには荷が重いか?」

 

......。

かっけえええええええ!!!!

本編でアイズたちに憧れるベル君を見ている分、『逆にアイズたちがベル君に憧れる』展開は"刺さる"!!!

『人を煽る天才こそ、真の勇者』......なるほど確かに、紛れもない勇者だった......!!

そしてみんな奮い立つわけですよ、それこそミノタウロスを前にして立ち上がって見せたベル君のように!

もうここからはみんなメチャクチャかっこよかったです。

友から授かった防御魔法を展開し、ティオナ・ティオネの援護を受けて猛攻を防ぎきって見せたレフィーヤ。

全魔力を解放して最後の一撃を放つリヴェリア。

塞がれた道を切り開いたガレス。

そして、フィンとベートが敵の攻撃を抑え込み、作り上げられた1本の道。

そこを駆け抜ける一陣の風、アイズ・ヴァレンシュタイン

こんなの燃えるしかない!震えるしかない!

迷宮最深部を舞台にした外伝だからこそのド迫力バトルでした。

オラリオ最強の冒険者集団ロキ・ファミリアの実力をまざまざと見せつけられました。

うーん、やっぱりダンまち、最高ですね......。

 

~余談~

アニメ放送中に刊行されたわけですが、これはなかなかGJ。アニメと原作で相互補完していけるようになっていて良かったです。特に膝枕。「あれ、こんなの原作でやったっけ......?」と思いつつアニメを見ていたら、まさかこっちに出てくるとは......してやられました。