読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

孤独なカラスのラノベ備忘録

勝手気ままにラノベの感想を書き連ねるだけのブログです。

さびしがりやのロリフェラトゥ

ガガガ文庫

 

 ~あらすじ~

「変猫」のさがら総が贈る、新青春エンタ!

ぼくらの学校には、血を吸いつくす吸血姫がいる――。クラスメイトたちのあいだでまことしやかに囁かれる噂は、真実だった。理想と現実のバランスに苦悩する高校生作家、常盤桃香は深夜の旧校舎で怪異と出会い、風変わりな姫とおかしな会話を紡ぐことになる。「汝、無礼である。如何なる理由でここを訪れるか?」「おでんを作ったので」「……おでん?」「こんにゃくもあります!」「……こんにゃく?」けれど、ふたりの奇妙な友情は、死体の出現をもって終わりを告げた。常識人的いじめっ子、自爆系宇宙ロボット、そして“正義の味方の敵”のぼく。優雅なる吸血姫を取り巻く人間関係は多角的に入り組んで、表と裏が混じりあい、複雑怪奇な青春群像劇を織り成していく。「だれもが静かに平和に暮らすだけの話を書きたかった」「いいかな? だれもそんな話は読みたくないんだ」――これはぼくたちの悩みを笑い飛ばす物語だ。そして、ハッピーエンドになるべき物語だった。『変態王子と笑わない猫。』のさがら総が挑む、新機軸の黄昏ロリポップ! 誰にも先が読めない青春ミステリアスコメディ、開幕!

 

 

人にはそれぞれ『主観』があって、違う視点から見た物語は違った色合いを見せるよね、という話。

内容は、ミステリアスなロリのフェラトゥと奇想天外な人間たちによるちょっと切なく複雑怪奇な青春群像劇、といったところでしょうか。

『ミステリアスなロリのフェラトゥ』って字面やばいですね。このタイトルを考えた人は天才の類でしょう......。

その実、中身はかなり真面目(失礼)。様々な人物の一人称視点により物語が多角的に展開されていき、真相に迫っていきます。

ある人の語りでは悪者に見えていても、別の人から見てみると善人だった、みたいな。

まあ、真面目な話だったはずがロリをペロペロする話になっていたりして思わず戦慄、みたいなこともありますがw

突飛なキャラ・設定・難しいテーマと、一歩間違えると破たんしそうなものですが、それをきっちり一つにまとめ上げているのはさすがだなぁと思いました。

続刊があるのかはわかりませんが、あるにしろないにしろ次が非常に楽しみです。

 

余談ですが、最近は人気作家による新作刊行が多いですよね。電撃が絶ナルとかドウルマスターズとかカナエの星とかエロマンガ先生とか出してきたあたりからその流れを感じます。ガガガの新作ラインナップもかなりのものですし、この後にはわたりんの新作もあるようで、ますます目が離せない!みたいな。楽しみですね。