読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

孤独なカラスのラノベ備忘録

勝手気ままにラノベの感想を書き連ねるだけのブログです。

エスケヱプ・スピヰド/異譚集

 

 ~あらすじ~

鬼虫達のその後を描く本編後日談と学園編を収録した、ファン必携の短編集登場!

『前夜』九曜が鬼虫として目覚める前夜を柊目線で描いた物語。
『幕間/昭和一〇一年の学校の怪談』帝都への旅の途中、九曜と叶葉が廃校で体験した一夜の不思議とは?
『幕間/迷宮電気街奇譚』廃墟の電気街・神原迷宮で九曜達が出会ったのは、機械仕掛けのメイドだった!?
『異説/私立やしま学園』もしも九曜達が普通の高校生だったら。まさかの学園編!
『後日談/ヱピグラフ』黒塚部隊との戦いで生き残った鬼虫達と叶葉は、世界を巡る旅をしていた。彼らにはある目的があって――?
電撃文庫MAGAZINE掲載の3編に加え、書き下ろし2編を収録した特別編!

 

 

今度こそ、本当に終わってしまいました。

こう言うと大仰に聞こえてしまうかもしれませんが、誇張抜きで『後世に語り継がれるべき名作』。

最終巻となる今回は後日談を含む短編集。九曜や叶葉の周りで起こったちょっとしたハプニングやIFワールドの学園編、そして激戦を生き抜いた鬼虫たちのこれまでと、これから。

何気ないワンシーンを切り取ってみて、たとえばそれは『後輩』を待ちわびる柊の姿だったり、アフターライフを満喫する鬼虫たちだったりするわけですが、そんなありふれた日常を普通に過ごしている彼ら彼女らを見ているだけなのに、何か胸に迫るものがあります。いやもう柊が喋ってるだけで泣けます。

もちろん非日常の続いていた本編があるからこそなのですが、それと同じかそれ以上に、叶葉や鬼虫たち、黒塚部隊など、登場人物一人ひとりにドラマがあるからではないかなと思います。

九曜と叶葉の絆。

鬼虫の過去と現在。

そしてすべての戦いが終わって、未来へ。

これから先、彼らはどのように生きてゆくのでしょうか。想像するだけでこんなに楽しいことはありません。

短編集なので笑えるネタも満載。学園編では九曜と叶葉の夫婦っぷりを見せつけられました。意外なカップリングも楽しめてよかったです。

ということで、最後まできっちり楽しませてくれました。

この物語に出会えて、本当に良かった!