読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

孤独なカラスのラノベ備忘録

勝手気ままにラノベの感想を書き連ねるだけのブログです。

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 7

GA文庫

 

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 7 (GA文庫)

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 7 (GA文庫)

 

 ~あらすじ~

新生【ヘスティア・ファミリア】始動!
『戦争遊戯(ウォーゲーム)』という激戦を乗り越え新に眷族となったリリ、ヴェルフ、そして命。
ベルのもう一つの家族。深まる絆。だが、

「ここは私達のホーム、女主の神娼殿さ」
命を追ってベルが迷い込んでしまったのはオラリオの歓楽街。【イシュタル・ファミリア】が管理する『夜の街』。
「私はこの歓楽街に買われた身です」
そこで少年は囚われの身である極東の少女、春姫と出会う。
蠢く陰謀に呑み込まれるベルが下す選択は──。

『これっきりでいい、なろう、あの人の英雄に──』

これは、少年が歩み、女神が記す、
── 【眷族の物語(ファミリア・ミィス)】──

 

 

これはエロエロですね!ありがとうございます!

ということで、もう面白さが落ちることないんじゃないの?ってくらい5~7巻は怒涛の展開でしたね。

内容。娼館に迷い込んだベル君の貞操が危機に!

新キャラ・春姫が最高。望まぬ境遇にいるお姫様です。彼女を救いに行くベル君の覚悟が、決意が熱い!

辛い境遇なほど、救われたときの展開が素晴らしいものになるんですよね。

タケミカヅチファミリアと春姫が笑みを交わす瞬間、「あぁ、救われたんだな」と思いました。やっぱり家族とか仲間とかって、いいですよね。

今回はオラリオの闇部分が強調して描かれていたのではないかなと思います。ギルド黙認の歓楽街、横行する人身売買、それを利用した悪質な魔法具の作成。美の女神の派閥抗争に発展し、かなりギスギスした感じになりました。

「品性」(バッサリ)にはちょっと笑ってしまいました。

ということで、春姫という新たな仲間が加わったヘスティア・ファミリア。これからはますます賑やかになりそうで楽しみです。

そしてまた一つ英雄に近づいたベル・クラネル。

次は僕たちにどんな成長を見せてくれるのでしょうか。