読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

孤独なカラスのラノベ備忘録

勝手気ままにラノベの感想を書き連ねるだけのブログです。

東京侵域:クローズドエデン 01.Enemy of Mankind (上)

 

 ~あらすじ~

“東京”が変貌して2年―高校生の秋月蓮次と、大人気アイドルの弓家叶方には二人だけの秘密があった。二人は“臨界区域・東京”に侵入する“侵入者”だったのだ。エリア限定の特殊能力“注入”を使って探索を続ける蓮次と叶方。敵対する政府機関“救務庁”と、エリア最悪の怪物“EOM”との三つ巴の状況で、蓮次と叶方は誓いあった“約束”を果たすことができるのか!?人類vs.人類の敵―希望と絶望のボーイミーツガール始動!!

 

 

作者さんの前作は読んでいないのですが、これは非常に面白かったです。この緊迫感、たまりませんね。

異空間化した東京を舞台に、非正規ルートから侵入を続ける侵入者《レイダー》の少年少女を描くバトルアクション作品。

敵――EOMはいつ襲ってくるのかわからず、さらには馬鹿みたいな強さ。対抗種の"切り札"も時間制限+回数制限。そして迫るタイムリミット。

こんなのムリゲーすぎる、と投げ出したくなってしまうような状況の中、二人はあきらめずに奮闘するわけです。

大切な人を失った同じ境遇の二人が絶望を乗り越えて戦う、このカタルシスが素晴らしいですね。大好き。

『東京』や『ショット』の設定、ヒロインが表ではアイドル活動をしているをしていたり、面白い設定も盛りだくさん。これはぜひシリーズ化してほしいです。

今回は上巻でした。いいところで終わって、気になる伏線も残したままです。下巻早くでないかな!