読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

孤独なカラスのラノベ備忘録

勝手気ままにラノベの感想を書き連ねるだけのブログです。

絶深海のソラリスII

MF文庫J

 

絶深海のソラリスII (MF文庫J)

絶深海のソラリスII (MF文庫J)

 

 ~あらすじ~

《ランド・デイ》それは、上陸の日。そして、大海害と並ぶ人類史上最大の災悪が始まった日でもある。『大阪事件』以降その存在が明らかになった未知の危険深海生物アンダー。連邦海軍対アンダー専門の特殊部隊《CHAF》に所属するシャロン=ナイトレイは、深い海の底で死の危機に瀕していた。しかし、その時不意に声が聴こえる――「“最愛の妹”の死の真相を知りたくはないか?」と。シャロンを助けた謎の人物はさらに彼女に告げる。我々の任務は「“切り札”山城ミナトを確保すること」だと。【深海】×【絶望】戦慄の本格パニックノベル待望の第2巻。「クロエが悲しむって、本当よ……ああ見えて、あの子とても心配性だから」

 

 

あー、さてはこれ、めっちゃ面白いやつですね......。

1巻で『インパクト』という武器を振り回して、読者を強かにぶん殴ったこの作品ですが、2巻はそのトラウマを最高の形で利用してきました。

希望をちらつかせての絶望。絶望一色かと思いきや、突然生まれる希望。うまいです。

さて内容。世界にケンカを売ったミナト君が新たに登場した秘密組織やクーデレちゃんとともに新たな事件に巻き込まれます。

以下ネタバレありありでお届けします。ご注意を!

 

いやー、騙されましたね。まんまとやられましたね。

普通に途中まで「もうだめだ......この世界に救いはねえ......」って思いながら読んでました。

まさかの『フェイク』!やった!希望はあったんだ!

怪物たちを前にしても全く動じなくなってしまったミナト。同じくふさぎ込んでいたシャロンやアイシュ。彼らがだんだんと前を向けるようになる描写は思わず目頭が熱くなりました。本当、良かった......。

最後のシャロンか反則でしょ!ありがとう、クーデレ!

クーデレは世界を救うのだ!

これだけ希望に満ちた終わり方だと、3巻が怖いです。『1巻』という前科がありますからね? 2巻がハッピーエンドだったからと言って信用してはいけませんよ。

ということで、全力で身構えつつ、3巻が刊行されるのを待つとします。