読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

孤独なカラスのラノベ備忘録

勝手気ままにラノベの感想を書き連ねるだけのブログです。

ロクでなし魔術講師と禁忌教典 (3)

ファンタジア文庫

 

ロクでなし魔術講師と禁忌教典 (3) (富士見ファンタジア文庫)

ロクでなし魔術講師と禁忌教典 (3) (富士見ファンタジア文庫)

 

 ~あらすじ~

魔術競技祭後、学修旅行の行き先をクラスに告げたグレンは、男子生徒から神と崇められていた。その理由、ロクでなしを神とまで高めたその旅行先は…リゾートビーチで有名な離島。水着、お泊まり―。グレンに焚きつけられた男達は女子の露わな姿を求め、帝国軍顔負けの作戦を計画し…!?一方、男子を『馬鹿の巣』と揶揄するシスティーナは、ルミアの護衛員・編入生リィエルと仲良くしようとするも…リィエルはそれを拒絶。さらに、その不安定な心に付け入る男が訪れ―。生徒を惑わす闇を払うため、グレンの力が試される!

 

 

大真面目に馬鹿なことをやってるやつらが大好きなんですよね~。カッシュ君好きですよ僕。案外ウェンディあたりとコロッとくっついたり。クラス内恋愛とかしないのかな、あんだけオープンな男子陣と美少女揃いの女子陣なのに!

閑話休題

今回は前半はリィエル転入からのドタバタコメディ、後半は前半にちりばめられた伏線を生かしたシリアス展開、という流れです。

安定感。美しく無駄のないストーリーという印象です。前後編の前編ということで、多少盛り上がりに欠ける面はありますが、気になる引きで後編が楽しみになるお話ですね。にしても、めっちゃいいとこで終わりやがった......。

全体的には十分面白いのですが、気になる点がないこともないです。

一つ!『グレンあんまりロクでなしじゃない問題』!

いやいいことだと思いますけどね!?

1巻の頃の『いざというときにはやるかっこいい先生』にどハマりした身としてはちょっと残念ではあります。丸くなってきたのかな?まあそれでも十分にキャラは立っていると思いますがw 

二つ!『くろね先生シリアス絵にあわなくね?問題』!

可愛い系の絵は本当に崇め奉りたいレベルなんですが、シリアスな絵にちょっと違和感。リィエルの鬼気迫る表情にあまり迫力がなかったり。本編はギャグとシリアスのバランスが取れている分気になってしまうのかもしれません。

とまあ、文句をぶーぶー言ってこいつ何様なんだという感じですが、普通に面白かったです!後編に期待!!