読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

孤独なカラスのラノベ備忘録

勝手気ままにラノベの感想を書き連ねるだけのブログです。

問題児たちが異世界から来るそうですよ? 軍神の進路相談です!

角川スニーカー文庫

 

 ~あらすじ~

“人類最終試練”の魔王アジ=ダカーハとの死闘から三か月―。ようやく落ち着きをみせた箱庭で、十六夜たちは新たなギフトゲームに挑む。でも順調に勝ち進んでいく十六夜に異変が起きて!?一方、その裏では、箱庭全土を巻き込む一大プロジェクトが進んでいた。仲間たちにも転機が訪れるなか、十六夜、飛鳥、耀の下す決断とは!?そして、ついに地上へと降臨した“ある人物”の正体とは!?―いま、究極の進路相談が始まります!!異世界バトル第1部完結。

 

 

一大決戦を終えた問題児たちの、これから歩む『進路』を描いた第一部最終章。

3人が定めた道筋はそれぞれ別の方向でした。少し寂しさを感じてしまいますが、それを上回る新生活への期待にワクワクが止まらないですね。

第二部は6月ということですが、待ち遠しいです。

さて内容は、アジ=ダカーハ戦後の"ノーネーム"、その他各コミュニティの様子を描きつつ、今まで伏せられていた情報の開示、種明かしと答え合わせを中心に描いていきます。

十六夜のスランプをはじめとして、良い意味でいつもの雰囲気とは違う印象ですかね。普段の問題児シリーズは、異様なテンションの高さからくる圧倒的熱量、それに伴う激アツバトルが魅力の作品ですが、これは前の巻で出し切った感じです。

今回は、これもまたシリーズの魅力の一つですが、謎解きが中心だったかなと。

最後ということもあり、次々と驚愕の真実が明かされていきます。その真実に思わず涙ぐんでしまうこともありました......。

フェイスレスの素顔とかね!

しんみりとしてはいますが、予想外にバトルシーンもありました。ここはいつもの問題児だ!って、思わず安心w

暫定敗北後のマジ泣き耀ちゃんめっちゃかわいいです。

"ノーネーム"以外にも、ジャック亡き後のウィル・オ・ウィスプを支えるために一つ大人になったアーシャや大規模マネ―ゲームに挑むポロロ、混成魔王と殿下の動向なども語られていました。

まだまだ伏線はたくさん残っていますね。第二部にはどのように影響してくるのでしょうか。

そしてAnother Prologue。再始動する問題児シリーズ。どんな物語が紡がれていくのか、超期待!!

最後になりますがイラスト担当天之有先生、お疲れ様でした。巻末の十六夜めっちゃかっこよかったです!