読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

孤独なカラスのラノベ備忘録

勝手気ままにラノベの感想を書き連ねるだけのブログです。

円環少女 (2) 煉獄の虚神(上)

 

円環少女 (2) 煉獄の虚神(上) (角川スニーカー文庫)

円環少女 (2) 煉獄の虚神(上) (角川スニーカー文庫)

 

 ~あらすじ~

魔法を無効化する人類が住まうゆえ、幾千もの魔法世界から「地獄」と蔑み恐れられる地球。元の世界での罪のため地球へ堕とされた少女魔導師・鴉木メイゼルは、魔導師協会の敵と戦い続ける過酷な刑罰を受けていた。その地球へ、相似魔法世界を壊滅に追い込んだ高位魔導師グレン・アザレイが降り立つ。己の「正義」を貫くため、たったひとりで協会に戦いを挑む男に、魔導師たちは次々と屠られてゆく!灼熱のウィザーズバトル第2弾。

 

 

巻末の設定資料ありがたいですね~。読んでもイマイチわかってないような気もしますが、気分的なね!ファンタジー世界に浸れるというかね!

今回はメイゼルと仁の出会いのシーンを最初に描きつつ、ラスボス級魔導師グレンが登場。最後に大きな決断をして下巻に続く、という感じ。

心情を描いたことでメイゼルの魅力が増してきました。

刻印魔導師なのに仁に守られてばかりであることに、居心地の悪さを感じていたのでしょうか。

対する仁にも、仁なりの思いがあって。刻印魔導師という死の鎖を断ち切りたい、彼女を守りたいと思う気持ちがすれ違う結果になってしまったというのは、やるせないですね......。

ひとくくりにするのはあまり良くないかもしれませんが、この手のロリヒロインラノベは、ヒロインを守りたいと思う主人公のかっこよさが熱いんだと思います。紅然り、ブラックブレット然り。

盛り上がりは下巻のほうに集中するのかと思いきや、バトルはかなり白熱の展開でした。

メイゼルのピンチには必ず駆けつけ、50を超える弾丸の嵐をかいくぐり敵に肉薄する仁に痺れました!

さあ、メイゼルの最後の決断は下巻でどう影響してくるのでしょうか。期待!