読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

孤独なカラスのラノベ備忘録

勝手気ままにラノベの感想を書き連ねるだけのブログです。

緋弾のアリア (6) 絶対半径 キリングレンジ 2051

 

 ~あらすじ~

東京武偵高校、そこは武力を行使する探偵―通称『武偵』を育成する特殊な学校。強襲科の超エリートでSランクの最強武偵・アリアのパートナーに選ばれてしまった(普段は)ただの一般人・遠山キンジに、Sランクの天才狙撃手・レキが勝負を挑んできた。圧倒的な力の差を見せつけてキンジを打ち負かしたレキは、キンジと一緒に暮らすことを強引に決めてしまう。一方、パートナーを取られたアリアとキンジの間には壁が生じてしまい…。そしてチーム編成を決めるための『修学旅行1』が始まる。はたしてレキの真意は―!?大スケールアクション&ラブコメディー第6弾。

 

 

レキ!レキ!最初から最後まで全部レキ!

いつものメンツにはお休みいただいて、最初からいた割に、いまいちキャラが掴めていなかったレキにスポットを当てた今回。

前回の爆弾発言後、付きまとうようになったレキに苦労しつつ、アリアとすれ違ったり好戦的な留学生にコテンパンにされたりと、今回のキンジはいいとこなしですかね。

そのかわりなのか、今までため続けてきたレキの魅力が爆発。

これまでなにを考えているのかよくわからなかったレキですが、ようやく少しわかったような気がしないでもないです。

......とにかく!無表情キャラの微笑みは反則ですって!本当にありがとうございます!

可愛さだけでなく、その実力も十分に発揮されていました。超遠距離狙撃、跳弾を利用した狙撃、鷹の目。さすがはSランク武偵。

でも、その上を行くココっていったいどれだけの強さなのか......インフレが加速しそうでちょっと心配ではあります。

次回は決着がつくのでしょうか?ワクワク。