読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

孤独なカラスのラノベ備忘録

勝手気ままにラノベの感想を書き連ねるだけのブログです。

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (7)

電撃文庫

 

 ~あらすじ~

イクタとヤトリが戦場で激突……!? 最大のヤマ場を迎える第7巻、登場!!

軍事クーデターによって、カトヴァーナ帝国内はイグセム派、レミオン派、旭日連隊の三つの勢力に分裂する。
旭日連隊のイクタは、行方不明だった帝国皇帝の身柄を確保することに、いち早く成功するが、佞臣トリスナイの巧みな謀略に踊らされてしまう……。
イグゼム派の将校として捜索隊を率いていたヤトリと、戦場で対峙するという、まさかの事態を迎えるのだった――。
非情な運命は、二人の未来をどう変えるのか? 話題沸騰の本格ファンタジー戦記、ついに最大のヤマ場を迎える!!


 

自分が思ったことを、そのまま書かせてもらいます。異論反論はあるかと思いますが、温かい目で見守りつつ、読んでいただけたら嬉しいです。
 
 
この物語を書く上で、作者には多くの決断と覚悟が必要だったのではないかと僕は思う。
そして、その決断に間違いはなかったとも思っている。
が、憤りを感じずにはいられない。
納得することができない。
だってこんなの、誰も幸せになってないじゃないか。
理性ではこうなるしかなかったと分かっていても。
戦争とはこういうものだと分かっていても。
感情がそれを良しとしない。
僕は、この先の展開に希望を見出すことができない。
「イグゼムとして生まれた自分がどう在るべきなのか、私は最初から知っている。それだけのことだもの」
「……納得いかない」
ヤトリシノ・イグゼムを救うことはできなかったのだろうか。
……できなかったのだろう。
こうなるしかなかった。戦いが始まってから、いや、彼女がイグゼムに生を受けた瞬間から、彼女は軍人であった。もしこの決意が簡単に揺らぐようなら、読者である僕は首を傾げていただろう。その決意が揺らがないからこそ、断言できる。最期まで間違いなく、彼女はヤトリシノ・イグゼムだった。
どうしようもできなかったからこそ、これほどまでに悔しいのかもしれない。
そして、僕が感じる悔しさなんて当事者からしたら大したことはないのだろう。
残された半身の、イクタの思いは。
あの輝かしき日々があるからこそ、彼は文字通り半身を引き裂かれたような苦痛を感じただろう。
彼はこれから、どれだけの約束を背負って生きていくのだろうか。
彼を主人公として、この先の物語は成立するのだろうか。
イグゼムの今後は。皇女シャミーユの行く末は。この国の未来は。そして。
 
イクタは再び立ち上がることができるのか。
 
疑問は絶えないが、感情を揺さぶられるという点で見れば、最高の出来栄えであることは確かだ。
読み手も書き手も完全燃焼する1冊だったと思う。というか、あとがきの『燃え尽きた感』が凄まじい。
書き残したことは多いような気もするが、とりあえずこの辺りで終わりにしようと思う。
願わくば、第二部に救いがありますように。イクタに、救いがありますように。