読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

孤独なカラスのラノベ備忘録

勝手気ままにラノベの感想を書き連ねるだけのブログです。

不戦無敵の影殺師 3

ガガガ文庫

 

不戦無敵の影殺師 3 (ガガガ文庫)

不戦無敵の影殺師 3 (ガガガ文庫)

 

 ~あらすじ~

異能力業界に忍び寄る「終わり」のとき……

俺は、俺たちは何のために異能力者をやっているのか--。

小手毬と朱雀の出会い、そして契約からはじまり、現在--アンダーグラウンドの異能力者組織「御大」を撃退したことで
御大から狙われることになった、朱雀と小手毬。
組織からの刺客は規格外の強さで、何もできないまま敗れてしまう。
そして御大の狙いは、エンターテインメント産業として成り立つ「異能力者業界」自体の解体だった?

風雲急を告げる、異能力者苦闘アクション、第3弾!

 

 

表の異能力者と裏の異能力者が激突。第一部完結!

内容。朱雀がまた小手毬に愛想を尽かされます。

ダメ夫・朱雀を支える良妻・小手毬って感じです。何この子超可愛い.....

何度も小手毬とすれ違って、その度に心身ともに少しずつだけど成長していく朱雀の人間臭さが大好きですね。それでも勝てない相手にはやはり勝てないのだけど、この『勝利と敗北』のさじ加減が絶妙で、あまりにも重い『最強』という看板を背負いながら戦うことの辛さがひしひしと伝わってきました。

周りの女性がみんなしっかりしているのは朱雀にとってはちょっとキツイかもしれませんねw

ちなみに僕は舞花さんが好きです。

御大を倒したと思ったら格上がいた、ということで真のボスみたいなのが登場。

ウサギでしたけどね。去り際、ウサギに手を振る小手毬ちゃん何この子超可愛い.....

こいつは第二部のボスかな。楽しみ!