読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

孤独なカラスのラノベ備忘録

勝手気ままにラノベの感想を書き連ねるだけのブログです。

冴えない彼女の育てかた Girls Side

ファンタジア文庫

 

 英梨々と詩羽のファーストコンタクトと、二人の視点から描く7巻の裏側。

あのとき、二人は何を思っていたのか、裏にどんな行動があったのか分かっちゃうぞ。

ということで、ストーリーを補完する1冊でした......が。

どうせ外伝だろハハン♪――みたいなノリで読み進めると痛い目見ます。少なくとも俺は痛い目見ました。

7巻は集大成的な盛り上がりを見せたけど、こちらも全く負けていません。

本編4巻くらいまでは、普通に犬猿の仲なんだろうなぁと思っていたわけですが、実際のところは全然そんなことなくて、ちょっと素直になれないだけだったということですね。

最初は伏せられていた設定がすこしずつ明かされていき、気が付いたら当初とは全く違う印象になっているというか。

ここまで読んだ上でもう一度1巻から読んでみたら、また違う感想が出てきそうです。

言葉もなしにお互いがお互いをクリエイターとして認めているという二人の関係性は、なんというか、近すぎず遠すぎない絶妙な距離感で最高ですね。

もちろん、“いつもの冴えカノ”も健在。アニメ放送中に刊行されようがお構いなしに業界の闇を語る作中キャラ......の皮をかぶった丸戸先生。業界コワイ。

7巻に引き続き挿絵と本文の連携プレーも見ることができてよかったです。あれほんとずるいと思います(いい意味)

本編に絡んできそうなネタもいくつか。

伊織、どうなるのかな。第二部ではかなりメインになりそうな予感!

倫也と伊織の熱いBL(ブロークンリンゲージ)ストーリーが始まる......!

そして満を持して、名前だけ出ていたアイツが登場です。

曰く――

バケモノ。

マジキチ。

ラスボス。

いやこれ並べてみるとひどいもんだな。

実際はそこまでの悪者ではないんですが、それでもかなり強烈な敵です。

これはもう、英梨々と詩羽先輩に下剋上してもらうしかない!

だって、『第二部から唐突に現れた新ボスみたいな奴においしいところだけかっさらわれるなんて納得いく訳ないじゃない』!

ってな感じで。7巻に匹敵する感動をくれた丸戸先生に圧倒的感謝!

こういうネットスラング的なもの、よく見つけてくるよね......