読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

孤独なカラスのラノベ備忘録

勝手気ままにラノベの感想を書き連ねるだけのブログです。

六畳間の侵略者!? 12

 

六畳間の侵略者!? 12 (HJ文庫)

六畳間の侵略者!? 12 (HJ文庫)

 

 ......これは誰回なんだ?

みんな見せ場があったので誰か一人の回とは言えませんね。それほどに濃密な一冊でした。

今回は真希の心情の変化が素晴らしかったです。

「恨んでもいいっ!呪ってもいいっ!それでも私があなたの傍にいるわっ!あなたが一人にならないようにっ、絶対に私が守るっ!」

ここまで言える感情が、契約によって作られたものな訳ないじゃないか!

ここに至るまでに『闇の魔法少女』と『普通の女の子』との間で揺れるの真希の葛藤がきっちり描かれている分、その迷いを抜け出したときの感動は何倍にも膨れ上がります。

この作品は心情の変化がわかりやすくて感情移入しやすいのが特徴かもしれませんね。

特徴といえば、毎回変化に富む、というのも大きいです。

今回で言うと、真希&クラン正ヒロイン昇格、晴海覚醒など。

晴海覚醒は鳥肌が立ちました。

「ゆえに、剣は輝くだろう。そこに込められた誓いと願いを、叶える為に。」

アライア、そして晴海の想いの想いが込められたシグナルティンを振るう孝太郎。

そしてその剣の力で、これまで孝太郎は何人もの少女の運命を変えてきました。

孝太郎の強さは、助けてくれる仲間の多さである、というのが最高。

絆を力に変えて戦う、という気持ちよさもこの作品の魅力の一つではないでしょうか。