読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

孤独なカラスのラノベ備忘録

勝手気ままにラノベの感想を書き連ねるだけのブログです。

カンピオーネ! VII 斉天大聖

 

 シリーズ最高の盛り上がりだったと思います!

まるで『最終回』か『第一部完!』みたいな。

斉天大聖編の後半に当たる今回は、最初っからエンジン全開!

キス祭りだ!わっしょい!

もうハーレムなことに微塵も違和感を抱きませんね。

護堂さんならしかたない。

各キャラに焦点を当ててみます。

エリカは相変わらずの小悪魔。でも今回はちょっとすねちゃうような場面も。眼福眼福。

リリアナは不遇気味。推している方からすると歯がゆさを感じるかも。

祐里は戦闘という意味でも、1人の女としても奮闘しました。だいぶ積極的になりましたね。

恵那は想像以上の活躍ぶり!この巻ではMVPかも。登場シーンかっこよすぎるし、普段積極的なくせにいざとなると恥じらうとかもう、完璧。

忘れちゃならない主人公、護堂。言動が魔王っぽくなってきてます。男らしさも磨きがかかって、まあこれならハーレムでもいいな、という感じ。天叢雲剣を呼び出すとことかお気に入りのシーンです。

ということで、本当みんな魅力的で素晴らしいです。

本編のほうは、カンピオーネ3人の共闘でサルをぶったおして最後に羅濠さんとひかりをハーレムに加えて終わり。

妹属性と義姉が追加されました。羅濠さん可愛い。

際限なしに拡大していく護堂王国。

女同士で内乱が起きそう。怖い。