読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

孤独なカラスのラノベ備忘録

勝手気ままにラノベの感想を書き連ねるだけのブログです。

エイルン・ラストコード ~架空世界より戦場へ~

MF文庫J

 

エイルン・ラストコード ~架空世界より戦場へ~ (MF文庫J)

エイルン・ラストコード ~架空世界より戦場へ~ (MF文庫J)

 

 各所での宣伝も気合が入っており、かなり期待値高めで読み始めましたが......

非常によかった!

いやもうほんとよかったです。ロボものいける人ならおすすめです。

簡単なあらすじから。

謎の生命体『マリス』の出現によって多くの命が失われ、依然絶望的な状況の続く世界。

「特殊戦時においてネイバーフッドに人権は適用されません」

激痛をフィードバックしてくる機体『デストブルム』、そしてそれをただ一人操縦できるネイバーフッドの少女、セレン

マリスの親玉は彼女にしか倒せない。

替えがきかない彼女に対し、仲間たちは非情にも戦いを強要する。

痛みに苦しみ極限状態のセレンの前に現れる、英雄。その正体はーーアニメキャラ!?

ということで。

ラノベでは難しいとされるロボものでしたが、全く問題なし!

これに関しては、間に漫画が挟むという試みがばっちりはまってました

というか、イラストレーターがまさかの3人。

やばい。

女の子は可愛く、ロボはかっこよく、分担して描かれていました。

本編ですが、こちらはもう、「激アツ!!」の一言。

無理やり戦わされ涙を流す少女の姿を見て、味方になると決意したエイルン。

多数の命のため1人の少女の人権を無視していたかつての親友たちが、間違いに気づいた瞬間。

セレンとエイルン、似た境遇におかれた2人が打ち解け、互いが互いの心の支えになっていくボーイ・ミーツ・ガール的展開。

段階的に形態変化し、制限付きで能力を開放するロボット。

どれもが熱い!

前半~中盤でたまったフラストレーションを一気に吹き飛ばす爽快感が後半にはあります。

もちろん可愛い女の子も。

こういうところMFであることを忘れません。

あと、帯の『その日アニメが、現実になる。』という言葉。

もちろん主人公の境遇もあるんでしょうが、個人的にはその主人公がアニメのように劇的にヒロインを救い大活躍する、というその物語に対しての意味合いを強く感じました。

2巻の発売予定もあるようで、今から楽しみで仕方ないですね。

2巻には、脇を固めるキャラの掘り下げを期待します。

公式サイトに設定資料他いろいろ掲載されています↓

エイルン・ラストコード ~架空世界より戦場へ~ オフィシャルサイト

 読まなくても問題はないですが、本編で語られていない設定も出てきたりするので個人的には読むことをお勧めします。

そういや、 略称とかってあるのかな。

それでは。