読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

孤独なカラスのラノベ備忘録

勝手気ままにラノベの感想を書き連ねるだけのブログです。

サクラ×サク01 わが愛しき運命の鏖殺公女

ダッシュエックス文庫

 

 十文字先生の新作。

ぼっちゆえに訓練に打ち込むしかなかった主人公ハイジ・バラン。

真面目なハイジは飛び級で学校を卒業、最前線での任務に就くことに。

そこで待っていたのは、その悲しい『魔性』ゆえに誰にも心を開くことなく、最前線で戦い続ける少女サクラ。

普段の彼女は勝手で横暴なわがまま姫。

しかしそれも最後まで読み切ってみると納得がいきました。

『壁』を作るしかなかった。

誰とも親しく接してはならない。接してはいけない。

そんな風に自分と他人の間に壁を作っているように感じました。

そこにひょっこりやってきた異分子。そう、ハイジです。

普段は、「あ、十文字先生だな」と感じるほどのヘタレを発揮するハイジ(どもり方は読んできた中で最高クラスw)ですが、魅せた!ラストでばっちり主人公してくれた!そうだ、そこで一歩踏み出してこそ男だ!

という感じ。

さすが十文字先生、素晴らしかったです。

不安の残るラストから、次回はどうつないでいくのか。期待です。